身だしなみを心得たおしゃれを意識しよう。


身だしなみを心得たおしゃれを意識しよう。こんにちは。

冠婚葬祭・ビジネスで知って得するマナーの情報、
学べる講座を紹介する

マナーセンスアップ情報局 広報担当MACHIKOです。

今回は身だしなみについてです。

よく、人を外見で判断してはいけないといいます。
全くそのとおりです。
外見だけでは判断できないものがたくさんあります。

でも、写真を見せられて、「この人どう思う?」
と聞かれたらどうですか?

もちろん、顔の造詣はまず見るでしょうが、
やっぱり服装、身だしなみを見ますよね。

どんなにイケメンでも、無精ひげで、
よれよれの服を着ていたらだらしない人だなと
思われてしまいます。

いわゆる見た目で第一印象は決まります。

その第一印象ですが、会って3秒で決まるとか、
5分で決まるとか色々説はありますが、
第一印象で悪いイメージを与えてしまった場合、
そのイメージが後々まで付いて回るのは真実のようです。

長いお付き合いの中でイメージ挽回のチャンスが
あればいいのですが、ビジネスの顔合わせ、
就職の面接ではその一瞬が勝負です。

そう考えれば、マナーとしての服装、身だしなみを
しっかり意識しておくことは必要ではないでしょうか。

ところで、身だしなみとはなんでしょうか。

身だしなみを辞書で調べると
「人に不快感を与えないように、
言動や服装を整えること。また、その心掛け。」
とあります。

人に不快感を与えないように、すなわち相手や
まわりの目を意識して身なりを整えるのが
身だしなみということです。

ここで注意したいのが、

「おしゃれ」≠「身だしなみ」

ということです。

おしゃれも化粧や服装、身なりに気を配ることですが、
美しく装うという意味もあります。

この美しく装うというのが曲者で、
美しさの基準は人それぞれ千差万別です。

自分はこれがいいと思っていても他人から見た場合、
不快に思う場合があるということをしっかりと 心得ておく

必要があります。

おしゃれは性別、年代によって違います。
ファッション雑誌の種類を見ても分ります。

でも、身だしなみで注意する基本は性別、年代を問わず共通。

ですので、身だしなみを心得たおしゃれが大切になります。

自分はどこへ行くのか?
プライベートなのか仕事なのか?
誰かと出かけるのか?
誰かと会うのか?

一緒に出掛ける相手がどう思うか考える。
これから会う相手がどう思うか考える。
出掛ける場所に合う服装か考える。

マナーとはその場その場で違うもの。

相手に合わせ、場所に合わせることもマナーです。
合わせつつ自分の個性を生かすことができれば、

身だしなみを心得た本当のおしゃれ

になるのでは ないでしょうか?

そのためには身だしなみの基本を知らないといけません。

では、簡単に身だしなみのポイントを4つご紹介します。

1つめは 清潔

これはいわずもがなですね。

2つめは 控え目

これは目立ちすぎない。
まわりとの調和を考えるということです。
品よく落ち着いた印象を与えること
を意識するといいでしょう。

3つめは 機能的(センス)

特にビジネスシーンにおいては重要です。
動きやすく、着崩れしないことを意識してみましょう。
また、センスとは全体の調和に気を配りながらも、
自分の個性を生かすセンスです。

4つめは TPO

Time(時間)、Place(場所)、Occasion(場合)
に応じた化粧、服装を意識しましょう。

もっと、しっかり身だしなみを見直したい方は、

ワンコインで、いつでも自宅で学べる
ワンコインマナーレッスンはいかがですか?

ワンコインマナー動画
服装と身だしなみのマナーレッスン


ワンコイン500円1週間、動画を見ながらしっかり
服装と身だしなみののマナーレッスンができます。

クイズ形式でわかりやすくレッスン!
服装と身だしなみのチェックリスト付き(男女別)
是非、自分と比べてチェックしてみてください。

なお、ワンコイン動画セミナー
企業様の
社員教育にもお使いいただけます。
是非。ご活用ください。

また、身だしなみについては
こちらも参考になさってください。

心の表れ 服装と身だしなみ

人に不快感を与えない服装のマナー

今回も最後までお読みいただきましてありがとうございます。

カテゴリー: マナー, 身だしなみ   タグ: , , , , , , , , , , , , , ,   この投稿のパーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>